サイトメニュー

悩みを解決する糸口に

看護師 学校や会社での人間関係のトラブルやいじめなどの悩みをはじめ、家族には言えない悩みを抱えている方が増えています。相談相手が見つからない方には、専門家が親身になって相談に乗ってくれる無料の電話相談がオススメです。

詳しく見る

電話で相談するべき

女性 電話相談は無料で行えるところが大半であり、相談に対するハードルを下げることができます。好きな場所にいながら問い合わせることができるので、クリニックに行くほどではないと感じていたり億劫という人でもチャレンジしやすくなっています。

詳しく見る

電話で悩みを聴いてもらう

固定電話 心の悩みを聴いてくれる電話相談窓口は無料で利用することが出来るものもあるので、積極的に利用したほうが良いでしょう。ストレスをそのまま放置してしまうと、我慢の限界を迎えてしまい、身体や精神に不調を感じてしまうことも発生してしまいます。

詳しく見る

社会復帰への第一歩

固定電話

相談機関との連携と環境づくりの重要性

何となく気分が良くないときや体調が悪いといった症状は、誰もが経験します。多くの人は積極的に気分転換をしたり、趣味に没頭したりすることでいつの間にか改善してしまうものです。しかし2週間以上そのような症状が続いたら、うつ病の可能性があります。うつ病は心の症状だけでなく、関節痛や頭痛といった身体的症状の方が目立つ人も多く、うつ病であることに気が付かない人さえいます。そしてうつ病の症状で多くの人が共通しているのが睡眠障害です。寝付きが悪く、深夜に何度も目が覚める人は質の良い睡眠を得られていません。翌日まで仕事の疲れが残り、集中力も低下するので仕事でのミスを頻発するようになります。更に症状が酷くなると、仕事だけでなく日常生活にも大きな影響を及ぼすことがあります。この病気は、早期発見と適切な治療を受けることで治すことができます。もし家族の中にいつもと違う言動や行動がみられるような者がいたら、うつ病である可能性も考えてみましょう。家族がうつ病かもしれない場合には、診察を勧めることが必要ですが、決して無理強いしてはいけません。本人が病気であることを認めず、診察を拒むケースも多いからです。そのような場合には、無料の電話相談を利用するのが便利です。精神保健福祉センターや各自治体が設置する相談窓口では無料での電話相談を受け付けています。家族だけでも相談に応じてくれるので、気軽に問い合わせてみましょう。これ等の機関で相談にのってくれる専任の相談員は、豊富な経験と専門知識を持つ者ばかりなので安心して相談できます。
こころの問題について無料での電話相談を受け付けているのは、自治体だけではありません。特定非営利活動法人などの団体でも心の病を患う人達へ手を差し伸べています。更に無料電話相談だけでなく、面接による方法を選ぶこともできます。精神保健福祉センターなどではあらかじめ予約してからの相談となるので、内容についてきちんと説明できるよう整理しておきましょう。これから診察を受けようとする人や既に通院している人、その家族による相談にも応じてくれます。これ等の機関では、相談の内容に応じて必要な医療機関を紹介してくれる場合もあります。そしてうつ病患者の症状は日々変化し続けるものです。この病気は別の精神疾患を併発しているケースもあり、最初の診断が後で変わることも珍しくありません。特に双極性障害である人は、うつ状態だけでなく気分が高揚して明るく振舞うことがあります。周囲の人は病気が治ったのではないかと勘違いしてしまうこともあります。このような症状の浮き沈みは個人差はあるものの、数ヶ月から数年の間隔でくり返されます。患者の症状の変化に家族が振り回されていては、家族全員が疲れ果ててしまいます。そのような環境で生活している人は、緊急時にも相談できる医療機関での治療がおすすめです。そして自治体の中には緊急時の精神医療相談を受け付けている所もあるので、確認しておきましょう。できるだけ早く社会復帰させるには、本人だけでなく家族の理解と協力が不可欠です。まずは治療に専念できる環境づくりを心がけていくことが先決です。